未分類

トイレトラブル


キッチンやお風呂、トイレなど水を使う場所のことを水回りといいます。水回りにはもうひとつ意味があり、田んぼに水がよく回っているかということを見回ることも水回りといいます。水回りは毎日使用する場所のため、トラブルは多いです。どんな水回りのトラブルがあるのか、そして修理の方法、また、古くなったから直したいなどのリフォームについてこれから説明します。まず、水回りのトラブルと解決方法について説明します。

水回りトラブルで一番多いのがトイレのトラブルです。水が止まらなくなってしまったら、まずは止水栓を閉めましょう。その後で修理方法を探したり、業者にお願いしたりしましょう。止水栓には、水の勢いを調節する機能と水を止めることができる機能があります。止水栓を閉めるのを忘れてそのまま修理作業を行ってしまうと、タンクから水があふれてきてしまう可能性があります。必ず止水栓を閉めるようにしましょう。止水栓を閉めるためには、ドライバーが必要になります。給水管からつながっている部分に止水栓があるでしょう。温水洗浄便座を使用しているときは、温水洗浄便座の止水栓と間違えないようにしましょう。万一、止水栓がどこにあるか見当たらなかったり、固かったりした場合は、家全体の元栓で閉めましょう。元栓はだいたいが水道メーターの近くにあるはずです。止水栓を調整することで、水の勢いは抑えられます。調整をしていないと排水管から流れてくる水の量よりタンクに供給される水の量が多くなることがあるため、タンクから水があふれでる可能性があります。ただし、自己解決となるとトイレのつまりになる可能性もあるので、できることなら業者に頼むように心がけましょう。