Browse Category by 未分類
未分類

季節別トラブル


最後に、季節によってよくある水回りトラブルについて説明します。夏場に多いトラブルが、便器やタンクの周りに水滴がついているというものがあります。これは、湿度が高くて水温と室温の差が大きいと結露があらわれるからです。井戸水を利用している場合や湿度が高い時期によく見られるので、換気をこまめに行うようにしましょう。排水口からにおいがするというトラブルも夏場のほうがよくおこります。お風呂などで排水トラップにたまごをうみつけて羽化し、小バエが発生する場合があります。湿度の多い夏場はよくあります。これらは、排水口に髪の毛などのゴミが入ることも原因として考えられます。定期的に排水口の中を掃除することで解決につながりますので、気をつけるようにしましょう。

冬場に多いのは、凍結です。給湯機が凍結し、水栓関係が凍結して水やお湯が出ないというトラブルです。これらは予防することができます。水道は、冬場はちょろちょろと水を出しておくことでかなりのトラブルは防ぐことができるでしょう。給湯機がある場合は、給湯機に凍結予防ヒーターという機能があるので、稼働しているか確認してみましょう。お風呂の沸かし上げができるものは、追い焚きの配管の凍結も予防する機能がありますが、おそらく浴室に水を張っておく必要があるので、取扱説明書を読んで予防をするようにしましょう。

未分類

キッチントラブル


次にキッチンの水回りトラブルと解決方法を紹介します。キッチンで多いのは、蛇口から水の出が悪くなった、ハンドルがおかしくなった、水栓ががたつくといったトラブルです。蛇口から水の出が悪い場合は、だいたいが蛇口の中の部分にごみがつまっている場合が多いので、吐水口の掃除をしましょう。このときに歯ブラシを使うようにすると良いでしょう。パッキンの順番を取り違えないように気をつけましょう。ハンドルがおかしくなったり、水栓ががたつく場合は、業者にお願いするのが一番良いかもしれませんが、自分たちで修理する場合は、固定ねじを調整したり、六角レンチでネジ部分を締めたりする方法があります。蛇口タイプによっても異なりますので、きちんと調べて行いましょう。

キッチントラブルであるのが、食器洗い乾燥機のトラブルです。トラブルがおこったときに、エラーコードがでていたら、取扱説明書でエラーコードを確認しましょう。よくあるトラブルが、給水ができなくなるというものです。これは、お風呂など他の場所で大量の水を使用していたり、止水レバーが開いていなかったり、フィルターのパッキンが目詰まりしているということも考えられます。他には、水温が異常に高くなっていて給水できないときもあります。様々なトラブルに対処できるように、取扱説明書やメーカーのホームページなどでも確認できるので、自己判断はせずに調べてから対応するようにしましょう。

未分類

お風呂トラブル


水回りのトラブルのうち、次にお風呂トラブルを紹介します。よくあるのが、ぬるいお湯しか出ずに温度調節ができないというものです。温度調節ハンドルが正しく設定されていな可能性があります。温度調節ハンドルは、自分でも修理できますが、不安な場合は業者にお願いしましょう。温度調節ハンドルは精密ドライバーなど細いものを使用し、傷つけないようにしましょう。ハンドルは、40度くらいになるまで回して、しばらく流します。そしてそこでハンドルを抜き取ります。抜き取ったハンドルのメモリを40に合わせて取り付けるようにしましょう。

吐水口の付け根部分から水漏れしてくるトラブルも多いです。吐水口を締め直すことができればだいたいが止まりますので、モンキーレンチを使用して袋ナット部分を締め直しましょう。それでもとまらない場合は、中にあるUパッキンが弱っている可能性があるのでUパッキンを取りだすようにしましょう。Uパッキンの入れる向きには注意が必要ですので気をつけましょう。他に水漏れは、シャワーと本体の間や水栓本体と脚部の間からといった例もあります。これらも同様で、その部分の袋ナットを締め直すことでだいたいの症状はおさまりますが、パッキンが古くなっている場合は交換をするようにしましょう。こういった作業をするときは、止水栓や水道の元栓を閉めて行ったほうが良いでしょう。

未分類

トイレトラブル


キッチンやお風呂、トイレなど水を使う場所のことを水回りといいます。水回りにはもうひとつ意味があり、田んぼに水がよく回っているかということを見回ることも水回りといいます。水回りは毎日使用する場所のため、トラブルは多いです。どんな水回りのトラブルがあるのか、そして修理の方法、また、古くなったから直したいなどのリフォームについてこれから説明します。まず、水回りのトラブルと解決方法について説明します。

水回りトラブルで一番多いのがトイレのトラブルです。水が止まらなくなってしまったら、まずは止水栓を閉めましょう。その後で修理方法を探したり、業者にお願いしたりしましょう。止水栓には、水の勢いを調節する機能と水を止めることができる機能があります。止水栓を閉めるのを忘れてそのまま修理作業を行ってしまうと、タンクから水があふれてきてしまう可能性があります。必ず止水栓を閉めるようにしましょう。止水栓を閉めるためには、ドライバーが必要になります。給水管からつながっている部分に止水栓があるでしょう。温水洗浄便座を使用しているときは、温水洗浄便座の止水栓と間違えないようにしましょう。万一、止水栓がどこにあるか見当たらなかったり、固かったりした場合は、家全体の元栓で閉めましょう。元栓はだいたいが水道メーターの近くにあるはずです。止水栓を調整することで、水の勢いは抑えられます。調整をしていないと排水管から流れてくる水の量よりタンクに供給される水の量が多くなることがあるため、タンクから水があふれでる可能性があります。ただし、自己解決となるとトイレのつまりになる可能性もあるので、できることなら業者に頼むように心がけましょう。